飲食店経営で分煙機を設置するときのポイント

飲食店経営をしたいと考えるようになったときにはいかにして店舗を設計するかということが大切になります。
厨房側も客席側も快適にしなければならないというのが原則であり、それが達成できなければお客もスタッフも集めることができないからです。

その中で一つ気にかける必要があるのが分煙への取り組みです。

煙草を吸う人にとっては吸える環境が欲しいというのが事実である一方で、喫煙をしない人は煙草が近くにあるだけでも嫌がる人が多数います。



そのため、きっちりと分け隔てられた分煙を実現しながらも、喫煙者も喫煙が快適にできるよう店舗設計を行うことが大切です。

特に客席側は喫煙席と禁煙席とに分けて分煙機を設置するのがそのための基本となります。

その際に注意しなければならないのは喫煙席側だけに分煙機を設置するのではなく、禁煙席側にも設置しておくということです。

そうすることによって喫煙席側から漏れてきてしまう煙の影響を最小限に抑えることができるため、わずかなにおいにも敏感なことが多い喫煙をしない人にマイナスのイメージをもたれずに済ませることができます。



壁や天井に埋め込むタイプのものを使用すると邪魔になることはないでしょう。

しかし、視覚的に分煙を行っているということをわかりやすくするために、分煙機を据え置き型で設置するというのも良い方法です。

分煙機といえば人気沸騰中のこちらがオススメです。

においがするかどうかよりも、よい環境を整える努力をしていることを評価する人もいるからであり、そのために見える形で分煙機を設置するのも賢い方法なのです。